アニメ版『ザ・ゴール』
無料プレミア試写会

世界中の名経営者に読み継がれる

名著に隠された「15の真髄」を90分のアニメで読み解く!

世界で累計1000万人以上が読み、世界中の名経営者を輩出してきた伝説のビジネス書のベストセラー『ザ・ゴール』(ダイヤモンド社刊)そのアニメ映画が完成しました!
 
数々のアニメーション作品を生み出してきた外村史郎氏の監督・脚本により、著者エリヤフ・ゴールドラット博士が伝えたかった真髄は一切損ねず、極上のエンターティメント作品に仕上がっています。

本来ならば、劇場を貸し切り、プレミア試写会をしたいところですが、昨今の事情を考慮し、みなさまの安心・安全を第一に考えてオンラインプレミア試写会とさせていただきます。

◆開催概要
<日 時>

2022年10月14日(金)18:30~20:10 (18:15~接続開始)

2022年10月26日(水)18:30~20:10 (18:15~接続開始)

2022年11月  9日(水)18:30~20:10 (18:15~接続開始)

<開催方法> オンラインツール「zoom」を利用して配信します
<定員> 各回800名(無料

<主催> Goldratt JAPAN &TOCクラブ

  *映画全編に日本語字幕がつきますので、聴覚にハンディキャップのある方もぜひご参加ください。

ストーリー

図11.png
d55533-6-467988-0.png
3ヶ月以内にこの工場を
立て直せ。
さもなくば閉鎖する

 

長引く経営の悪化のもと、機械メーカーの工場長である主人公のアレックス・ロゴに、上司から突然、最後通牒が言い渡された。

「工場閉鎖まで猶予期間はたった3ヶ月。」

あまりのショックに意気消沈するアレックスの前に現れたのは、大学時代の物理学の恩師、ジョナ。

ジョナの発する不思議な「問い」や、一見常識に逆らうヒントをベースに、必死の覚悟で業務改善に挑む登場人物たち。

苦悩や興奮、家族と仕事の葛藤など、ざまざまな要素が絡み合いながら、主人公と一緒にビジネスの醍醐味を感じられるストーリーとなっています。

 

『ザ・ゴール』とは

1.png.png
ジェフ・ベゾス
経営陣と読んだ

TOC(制約理論)の原点にして最高の入門書

「企業の目的(ザ・ゴール)は何か」

会社や組織をマネジメントするために必要な思考法をストーリー形式でわかりやすく、そしておもしろく理解することができる。

「ビジョン」や「パーパス」など、現代のビジネストレンドの基礎でもあり、これからの日本経済を支えていく次世代リーダーが今こそ読むべき1冊となっている。

本書は全体最適のマネジメント理論である「制約理論(TOC=Theory of Constraints」をもとに、取り掛かるべき課題を洗い出し、正しい順序で改善していくマネジメントプロセスを余すところなく掲載している。

『ザ・ゴール』は発売以来30年以上が経過しているが、​2022年5月時点で、米Amazonの「Operations Research」部門で売上第1位となっており、日本でも毎年数千冊が売れる定番の「教科書」となっている。また多くのMBAで教科書として長年使われている。

TOCの適用範囲は年々拡大しており、製造、プロジェクトマネジメント、システム開発、小売、物流、会計など多岐に渡り、多くの業界でデファクトスタンダート(事実上の標準)となっている。

愛読者からのメッセージ

著者 ゴールドラット博士

AhtkQvDiRaHq4Zpa4sajvdGZ1dqisUR3e4QDVzBdEpOt.jpg
経営を自然科学に
物理学者がマネジメントを研究した理由

1948年生まれ。イスラエルの物理学者であり、カリスマ的経営コンサルタントとしても知られる。1984年に出版されたビジネス小説『ザ・ゴール』は、革新的な内容に加え、筆者の異色の経歴もあいまって全世界で1000万人以上が読んだ大ベストセラーとなった。マネジメントを再現性のある自然科学のアプローチで研究し、その成果としてTOC(Theory of Constraints:制約の理論)と名づけ、その研究や教育を推進する研究所を設立した。その後、TOCを単なる生産管理の理論から、新しい会計方法(スループット会計)や一般的な問題解決の手法(思考プロセス)へと発展させ、生産管理やサプライチェーン・マネジメントに大きな影響を与えた。2011年没。

無料試写会(日本語版・英語版)は、今後も開催予定です。​

今回ご都合がつかない方、満員で予約できなかった方は、下記へご登録ください。

今後の試写会開催の優先招待情報や無料イベントなどメールマガジンにて

ご案内いたします(簡単に解除も可能です)